沿革・表彰

日本学生相談学会の沿革

 1951年(昭和26年)、アメリカ教育審議会(American Council on Education;略称ACE)内に「アメリカのSPS(Student Personnel Services;学生助育、厚生補導)やカウンセリングを日本の大学に紹介するための委員会(An Advisory Committee to introduce personnel services to Japanese Universities)が作られ、ミネソタ大学のウィリアムソン博士(Dr. E. G. Williamson)がその委員長となった。
 1951年から1952年にかけてブリガムヤング大学のロイド博士(Dr. W. P. Lloyd)を団長とし、下記の5人の心理学者をメンバーとする計6名の講師が日本に派遣された。

Dr. Maurice D. Woolf (Kansans State College)
Dr. Leona W. Felsted (Ohio University)
Dr. Chester H. Ruedisili (University of Wisconsin)
Dr. Gordon J. Klopf (University of Wisconsin)
Dr. Henry Borow (University of Minnesota)

 講師たちは日本側の講師団と協力して、京都大学、九州大学、東京大学の順序で各地区の大学関係者を集め、それぞれ3ヶ月間にわたる厚生補導研究集会(SPS研究集会)が開かれた。
この研究集会でSPSおよびカウンセリングの必要性が認識され、1953年(昭和28年)に東京大学の本郷と駒場の2つのキャンパスに学生相談所が設置され、カウンセリングが開始された。故中村弘道元会長が駒場キャンパスの責任者となった。これを契機に各地の大学に続々学生相談所や学生相談室が設置されるに至った。
 さらに1955年(昭和30年)には東京地区を中心に現在の日本学生相談学会の母体となる「学生相談研究会」が結成され、カウンセリングの研究、調査、研修活動などが開始され、機関紙として「学生相談」が刊行された。
 同じく1955年(昭和30)に前記のロイド博士を主任とし、オハイオ州立大学のロビンソン(F.P.Robinson)、ミシガン大学のボーディン(E. S. Bordin)の三博士によるカウンセリングの特別研究集会が東京大学において開催された。
 翌1956年(昭和31年)には臨床カウンセリングの代表者であるウィリアムソン博士が来日し、同じく東京大学で3ヶ月にわたり「カウンセリングの理論と実際」について集中講義を行った。
 また1961年(昭和36年)には、ロジャーズ(Rogers C)およびスーパー(Super D. E.)の二博士が来日し、ロジャーズ博士は彼のいわゆる非指示的カウンセリングを、スーパー博士は職業カウンセリングの理論を紹介した。
  1962年には第1回全国学生相談研修会が開催開催された。
  1983年には第1回学生相談研究会(大会)が開催され、1987年に日本学生相談学会が設立され、学術研究団体として認定される。
 1993年に会員の研修を目的として、第1回学生相談セミナー開催された。
 資格関係では2001年に大学カウンセラー資格認定が開始され、2012年からは学生支援士資格認定が開始された。

 

表彰

学会賞

 学会の発展・質の向上に顕著な功績を残した会員に学会賞を授与します。

学会特別賞

 学生相談の発展に顕著な貢献を残した会員に、学会特別賞を授与します。

奨励賞

 若手の会員(45歳以下)を対象に、学生相談に関する優れた研究に対して研究奨励賞、優れた実践活動に対して実践活動奨励賞を授与します。

 

学会賞・学会特別賞受賞者一覧

  学会賞 学会特別賞
1998年度 岩村 聡  
1999年度 中村 雅知  
2000年度 松原 達哉  
2001年度 鳴澤 實  
2002年度 林 昭仁 加藤 美智子
2003年度 峰松 修 藤光 純一郎
2004年度 駒米 勝利  
2005年度 鶴田 和美  
2006年度 嘉部 和夫 桐山 雅子
2007年度 苫米地 憲昭 森川 正大  
2008年度 岡 昌之  
2009年度  
2010年度 山崖 俊子  
2011年度 窪内 節子  
2012年度  
2013年度 吉武 清實 吉田 昇代
2014年度 大島 啓利 山下 啓司
2015年度 高石 恭子 布柴 達男
2016年度 吉良 安之  
2017年度 菅野 泰蔵
2018年度 岩田 淳子 高橋 知音 可児由佳
 -は該当者なし


研究奨励賞・実践活動奨励賞

  研究奨励賞 実践活動奨励賞
1998年度 齋藤 憲司 沢崎 真史
1999年度 讃岐 真岐子 石田 妙美
2000年度 青木 万理 平澤 孝一
2001年度 若山 隆
2002年度 渡部 未沙 高石 恭子 武田 信子
2003年度 太田 裕一 内野 悌司
2004年度 道又 紀子 山中淑江
2005年度 安住 伸子 杉江 征 髙橋 寛子
2006年度 森田 裕司
2007年度 戸谷 祐二
2008年度 高野 明 田中健夫 早坂 浩志
2009年度 水戸部 賀津子
2010年度 山川 裕樹 山上 史野
2011年度 酒井 渉 山下 親子 足立 由美
2012年度 髙橋 国法 鈴木 英一郎
2013年度 坂本 憲治 堀井 俊章
2014年度 浅原 知恵
2015年度 大西 晶子 大谷 真弓
2016年度 杉岡 正典
2017年度 黒山 竜太 阿部 千香子 堀田 亮
2018年度 小池 有紀 濱中 ミオ
  - は該当者なし。