学生相談ハンドブックの新訂版が発売されます(速報)。

お知らせ

 2010年に発売された「学生相談ハンドブック」が内容を全面的に改訂して5月1日に発売されます。会員な皆さま、学生相談に関心をお持ちの皆さまはぜひお買い求めください。

広報委員会

 

内容紹介

 相談・援助活動の進め方、関係者との連携から広報や倫理まで、学生相談を実践するための理念と方法論を提示する。高等教育と学生をめぐる大きな変化に対応するための道標となる1冊。

 

著者について

 全国の大学およびその他の高等教育機関において、学生相談・学生支援に携わるカウンセラーや教職員等、学生の心の成長支援と個別のニーズに応じた援助活動と教育を行う実践家・研究者を会員として1987 年に設立された学会である。前身の学生相談研究会から数えると60 年以上の歴史をもつ。学生相談の理論や方法は、学生の気質の変化や社会の要請に従って、時代とともに変化する。本学会は、時代に即応した新たな知見や実践の成果を、学会誌や出版物の刊行、ならびにウェブサイト等を通して常に社会に発信している。

 

目次

第Ⅰ部 総 論
序 章 学生相談の現在
第1章 学生相談の理念と歴史
第2章 学生を理解する視点
第Ⅱ部 相談・援助活動
第3章 学生相談における見立て
第4章 相談の方法と進め方
第5章 来談学生に応じた対応の工夫
第6章 特別なニーズがある学生の支援
第Ⅲ部 連携・協働活動
第7章 連携と協働    
第8章 大学と学生の危機
第Ⅳ部 大学コミュニティのなかでの活動
第9章 学生に向けた活動
第10章 教職員に向けた活動
第11章 保護者に向けた活動
第12章 広報と情報発信活動
第Ⅴ部 学生相談を支えるもの
第13章 システムの整備
第14章 学生相談カウンセラーの研鑽
第15章 研究
第16章 学生相談における倫理

Comments are closed.